APRECON2016参加者向け実用情報

26 February, 2016
Source: 
PSI
代表団の参加資格, スポンサーシップ, 総会での投票, 動議。決議, 議事規則委員会、資格審査委員会、投票集計係の任命および実用情報 (宿泊、旅行、ビザ、保険).
  1. 代表団の参加資格

PSI規約によると、参加候補者の50%以上が女性である必要があります。

代議員

PSI規約(6条6項)によると、組合は加盟費納入に基づき、大会に特定数の代議員を派遣する資格を与えられます。この資格は組合の投票権にも影響を与えます。APRECONにも同じ規則が適用されます。投票権は2011~2016年の期間(5年間)をベースに決定します。

加盟組合の代表権は以下の表に基づく。代議員数が2名以上の場合には、加盟組合の組織人員がどちらかの性に大幅に偏っているためにそうすることが不可能である場合以外は、男女それぞれが平等に代表されるべきである。

                     人員数5,000人まで代議員1

                     5,001から10,000人まで代議員2

                     10,001から20,000人まで代議員3

                     20,001から35,000人まで代議員4

                     35,001から50,000人まで代議員5

                     50,001から100,000人まで代議員6

これ以上については、加盟費納入済人員が50,000人増すごとに1名と端数分につき1名を追加する。

オブザーバー

PSI規約(付属文書4: 大会規則・議事規則)によると、組合は、組合は加盟費納入に基づき、大会に特定数のオブザーバーを派遣する資格を与えられます。APRECONにも同じ規則が適用されます。

 加盟組織は加盟費納入済人員10万人につき1名と端数分1名のオブザーバーを送ることができる。オブザーバー数が2名以上の場合は、加盟組合の組織人員がどちらかの性に大幅に偏っているためにそうすることが不可能である場合以外は、男女それぞれが平等に代表されるべきである。

ビジター

上記以外の組合代表は、「ビジター」とみなします。「ビジター」は、代表資格がすでに満席であるため、あるいは非加盟組合の代表者であるためなどの理由から、代議員やオブザーバー以外の立場で参加する人々のことです。

  1. スポンサーシップ

財政上の制約により、PSIの政策にしたがってスポンサーシップで参加資金の援助を受けられる参加者の数は制限されます。指数100%未満で、組合1団体以上を有する国は、NCCを通じた決定のうえ、国ごとの資金援助を受けることをPSIに通知してください。PSIは、例えば、部分的な資金援助の受け入れや、旅費の団体割引きなど、工夫して資金を広く分配させることにより、参加拡大を図るよう加盟組合に促しています。資金援助は、以下をもとに優先順位を決めます:

  • 2016年以前の加盟費を、7月1日までにPSIに納入する義務を果たした加盟組合
  • 過去5年間(2011~2016年)に加盟費全額を定期的に、延滞なく納入した加盟組合
  • PSI規約にのっとり、代表団において、男女同数の代表を派遣する原則を守った加盟組合(および35歳以下の若年メンバーの代表確保)

スポンサーシップに関するAPRECの最終決定は、20166に報告します。

  1. 総会での投票

投票はPSI規約に沿って行います(付属文書4:大会規則・議事規則)。代議員リーダーには「カード投票」用の投票用紙を配ります。代議員全員に「挙手投票」用の投票カードを配布します。

PSI規約では、代理投票が規定されています。大会に参加できない組合は同一選挙区から参加する他の組合に代理投票を委任し、その旨を遅くとも2016824日までにPSIに報告する必要があります。

大会に代議員を送ることができない加盟組織は同小地域の他の組織の代議員に代理を委任することができる。このような委任が有効であるためには、委任する側の組織が4週間前までにPSI書記長に書面でその旨を通知することが条件である。いかなる組織も他の4組織以上の代理投票は行うことはできない。

  1. 動議・決議

動議または決議で提案を希望する加盟組合は、AP地域書記に草稿を送ることができます。宛先はこちらです: lakshmi.vaidhiyanathan@world-psi.org (同じく次のアドレスにもCC送信をお願いします: Indah.budiarti@world-psi.org) 。期限は2016717日です

緊急決議は、状況により緊急決議が正当化される場合にのみ提出できます。総会の議事規則委員会が、こうした決議案の受領の可否を決定します。

  1. 参加申込書

同封した総会参加申込書で、代表団および立場についてお知らせください。用紙は3種類送付するので、適切な用紙に記入して提出してください(上記「代表団の参加資格」を参照)。

申込書

備考

提出期限

参加申込書No.1

APREC、APWOC、APYN対象

この用紙はAPREC、AP WOC、APYNの正委員のみが対象です。

2016年4月20日

参加申込書No.2

スポンサーシップ申請用

この用紙は、PSI政策に基づく資金援助でスポンサーシップを申請する加盟組合が対象です。 

2016年4月20日

参加申込書No.3

一般(スポンサーシップ対象者以外)

この用紙は、ビジターを含むすべての立場(代議員およびオブザーバー)で総会に代表団派遣を希望する加盟組合が対象です。

2016年6月1日

 ビザ申請用にPSIのレターが必要な場合は、申込書にパスポートのコピーを添付して提出してください。

宛先はAP地域書記です: lakshmi.vaidhiyanathan@world-psi.org (同じく次のアドレスにもCC送信してください: Indah.budiarti@world-psi.org)。各小地域事務所にもCC送信してください (メールアドレスは用紙に記載)。

  1. 議事規則委員会、資格審査委員会、投票集計係の任命

上記委員会のメンバーは、APRECによって任命されます。情報は後ほど回覧いたします。

  1. 便利な情報

宿泊:アクロス福岡の周辺には宿泊施設が充実しています。PSIアジア太平洋地域事務所と日本の東アジア小地域事務所が、団体予約を調整中ですので、後ほど詳細をお知らせします。資金援助を受ける参加者は、PSIが契約する指定ホテルに宿泊することになります。自分で宿泊を手配したいという方は、できるだけ早く予約をすることをおすすめします。福岡は10月がピークシーズンですので、ホテルの予約が難しくなる可能性があります。

保険:PSIは参加者の保険に関わる費用は負担しませんので、総会に参加される皆さまは個人で旅行保険、健康保険を事前に準備するようお願いします。

航空券の手配:資金援助を受ける参加者に対しては、小地域事務所(可能な事務所にて)がエコノミークラスの航空券を準備します。資金援助が決定したら、担当の小地域事務所に連絡をしてください。一般参加者(資金援助なし)は、各自航空券を手配し、その詳細をPSIまでお知らせください。PSIでホテルを予約できるのは、旅程を事前に知らせた参加者のみとなりますのでご了承ください。

ビザ:日本に入国するために、ビザが必要となる国が多数あります。自国の日本大使館のウェブサイトで、取得条件をご確認ください。ビザの申請に必要なレターやその他文書をご希望の方は、サポートいたしますので、担当の小地域事務所にお問い合わせください。

文書について:総会および関連会議の文書は、後日加盟組合にお送りします。また、総会開催日が近くなりましたら、PSIウェブサイトにも掲載します(www.world-psi.org/ja/APRECON2016)。一部の主な総会文書は、総会中にご提供します。

資金援助の決定、便利な情報、ホテル情報に関する回覧文書第2号は、20166に加盟組合に送信します。

最終確定プログラム、決議案に関する回覧文書第3号は、20168にお送りします。

ご不明な点や詳細情報については、AP地域書記のヴァイディヤナタン・ラクシュミまでお気軽にお問い合わせください: lakshmi.vaidhiyanathan@world-psi.org (同じく次のアドレスにもCC送信してください: Indah.budiarti@world-psi.org)。

さらなる情報: